IMG_2789

初めまして!

Union College現在3年生の福田光稀(ふくだみつき)と申します。

私は2013年9月から交換留学生としてUnion Collegeに在籍し、経済学(Economics)を専攻しています。

他のブロガーの方々とは違い、1年生からではなく3年生から留学生としてアメリカへ渡ってきたわけなんですが、1年少し後の2015年6月にはこちらの大学を卒業予定です。

ここで私の留学プログラムがどのようになっているのか疑問に持たれた方が多いと思います。 なので、キャンパス紹介の前に少し、私の在籍する関西外国語大学の留学制度についてお話しようと思います。

大阪にある関西外国語大学は300以上の海外提携校を持ち、毎年短期・長期合わせて1500人以上の留学生を世界中へ送り出す、日本で最も充実した留学制度を持つ大学の一つです。留学期間は1ヶ月〜3年と様々で、成績・費用面の問題(長期のプログラムだと大学側が大分負担してくれます)・学んでいる言語…などを考慮し、自分に合ったプログラムに応募します。留学選考試験や、一定期間海外からの留学生と共に授業を受けるといった準備期間/選考プロセスを経て、学生は海外へ留学生として派遣されます。

そして、私の応募したプログラムというのは学位留学といって、3年次から2年間海外(主にアメリカ)で学ぶことで、アメリカの大学を卒業するころには2つの学位が取得できる(日本、つまり外大とアメリカの大学の2つの学位)なんともおいしそうな(?)めずらしい制度です。

私が思うに、この留学のメリットは日本とアメリカ、2つの大学で学ぶことが出来るところにあると思います。日本で、日本語で学んだ後、アメリカに渡り、英語で学ぶ。日常的な文化の違いはもちろんですが、日本と違ったアアプローチのしかた、生徒の思考、授業の雰囲気、、この大きく異なる環境で勉強できるというのはあまりないと思います。ただ、3年次(アメリカの大学でいうFreshman-Sophomore-Junior-SeniorのJunior)に編入と同じような形でアメリカでの大学生活が始まるので、友達づくりや、履修のプランニング、授業そのものには苦労します。こればかりは留学につきものなので、仕方がないところもあります。私はすぐに慣れました(^^)

結構端折って書いたのでわかりにくいかもしれません。。留学制度について、詳しく知りたい方は関西外国語大学のホームページや、「学位留学」「デュアル・ディグリー」で検索してみてくださいm(__)m

そして検索してみたところ(笑)、学位留学制度を持つ大学は関西外国語大学だけではないようです。総合大学でも留学制度が充実しているところもたくさんあるので、もし、日本の大学で日本語で学びたい…でも海外の大学でも学びたい…!と思う方は大学の留学制度を細かくリサーチすることをおすすめします。すでに大学に在学している方は、休学して留学、っていうのも全然アリだと私は思います。海外の大学に1年生から留学するのも、もちろん素晴らしいと思いますが、私のように留学という選択肢も視野に入れてみてはどうでしょうか(^^)

補足ですが、私の場合はあくまで留学なので正式には編入ではありませんが、すでに日本・海外問わず大学や短大に在籍している方は編入も可能だと思います。アメリカでは、より高度な教育を求めて大学から大学へ編入というのは日本よりもポピュラーだと思います。私の周りではsophomore(2年生)の人たちが編入(transfer)するやらどうやら話しているのをよく耳にします。

 

と、、いろいろと長くなってしまいましたがここからは私が学んでいるUnion Collegeについて紹介しようと思います(^^)/

Union Collegeは1795年に創られた全校生徒2000人少しの小さなレベラルアーツカレッジで、ニューヨーク州の真ん中らへんにあるSchenectady(スケネクタディ)という町にあります (アメリカにはUnion Collegeという名のカレッジが他の州にも複数あります)。キャンパスは比較的小さく、15分あれば端から端へ行けます(たぶん)。あのタイムズスクエアが有名なニューヨークシティはバスで4時間弱くらいです。スケネクタディは小さな町なので、キャンパスの外へでると基本的にあんまり何もありません。笑 これもアメリカの大学らしいところでもありますが。 おいしいレストランはいろいろあります(^^)/

IMG_2802

 

大学の中央には広い芝生が広がり、Nott Memorialという大学のシンボルともいえる建物が立っています。

芝生は春から秋にかけてもっと綺麗な緑になります…今は成長段階で少し白いところが見えますが。

IMG_2801

 

中に入ると〜〜こんな感じです。よくイベントなんかが開催されてたりします。

IMG_2791

 

IMG_2794

景色が綺麗な日なんかは、Nottの写真をinstagramなどのSNSに投稿したりします。私もします。笑

2014-02-06 17.44.08

 

スケネクタディは冬が厳しいです。 真っ白な景色は綺麗ですが普通に寒いです。笑 雪がしばらくキャンパス中を覆います。

 

キャンパスセンターの裏です。この日は天気が良かったので外で勉強している人も。

IMG_2782

図書館です。テスト前になると24時間空いています。

IMG_2787

寮はキャンパスに複数、また種類もいろいろありますが、これは私が住んでいた寮・来年住むであろう寮です。今は一時的に別のところに住んでいます。寮についてはまた別の記事で詳しく書きます(^^)

IMG_2776

 

Union Collegeは、男子ホッケーが強くて有名です。冬によく構内のリンクで試合が行われるので観戦に行きます。先日行われたFrozen FourといわれるアメリカのNo1大学ホッケーチームを決める大会で初優勝し、キャンパス内やスケネクタディの町がしばらくお祭り騒ぎでした。笑

2013-10-12 19.47.12

 

“Let’s Go Union!”

 

これは大会の一週間後、大学からCity Hallまでのパレードが行われた様子です。

 

2014-04-17 16.07.14

 

2014-04-17 17.10.30

 

 

Union Collegeは誰にでもオープンな雰囲気があり、個々人がリーダーシップを発揮したり、生徒や教授同士がソーシャライズしたり、また留学や言語習得、留学生との交流を通じて国際的な感覚を身につける環境づくりを大切にしています。小さいキャンパスでありながら留学制度が充実し、留学生受け入れも積極的です。(年々増えているみたいです。)日々何らかのCulturalイベントもたくさん行われています。Language DepartmentによるMovie Night (Japanese Department は宮崎駿さんの映画を毎週1つ上映するMiyazaki Movie Nightなんかもやってました)や、毎週様々なDepartmentから教授を招いて一緒にピザを食べながらトークを楽しむ…といったちょっとしたイベントから、Asian Student Association(アジア系学生団体)による、アジアの文化をダンスやクイズ、ファッションショーなどを通じて紹介するイベント、世界の料理を食べ回るフードイベントなど大きなイベントまで…常にメールやチラシでお知らせがひっきりなしに来ます。学生が運営するクラブの数は100以上あり、もちろん誰でも参加できます。全体的に、勉強するときは勉強、遊ぶときは遊ぶのオンオフの切り替えをしっかりしている人が多いです。

 

ざっとキャンパスの雰囲気が伝わりましたでしょうか?質問などもあればコメントに残していってください(^^)/

キャンパス紹介は以上です!